新型コロナウイルス感染拡大防止の対策のため、営業時間や定休日が通常と異なる場合が多くなっています。来店の際は各店舗へ事前に十分なご確認をお願いします。

焼き立て最高。Pan wa Panの生食パン。

パン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

食パン専門店Pan wa Panのお店情報

食パン専門店Pan wa Pan(パン・は・パン)
場所秋田市山王 5 丁目 13-33
Pan wa Pan(パン・は・パン)-Google Map
営業時間11:00~16:00
(但し、売り切れ次第終了)※予約いただければ後日お渡し可能
定休日第 1・3・5 土曜、日曜、祝祭日
駐車場店舗前にあり。8台くらい。
参考URL

食べログ

パン ワ パン (Pan wa Pan) - 秋田/パン [食べログ]

公式

社会福祉法人一羊会
Pan wa Panのパンフレット-PDF
Pan wa Panの店舗外観
お店の外観

富士山溶岩窯で焼き上げる食パン専門店「Pan wa Pan」は秋田市山王にあります。店舗は新しく作られたものなのでグーグルマップにも表示されていない状態なんですが・・いずれ更新されると思います。お店は社会福祉法人の一羊会が運営しています。

2019年5月8日にオープンとのことですが6月時点ではまだ人気が高く、思い立って開店に合わせてお店に行ったものの、店頭から直接購入はできない状態でした。時間さえ折り合えば、後日受け取る形で予約して購入されるのが確実かと思います。店頭で予約もできます。

店頭でもらえるパンフレットの裏にFAX用紙も用意されています。

お店の方によると、お店に直接来店する前に先に電話で在庫があるか確認していただいたほうがいいというお話でした。連絡先は下記のパンフレットでご確認ください。

参考 Pan wa Panのパンフレット-PDF

しっとり&もっちり食感の焼き立て生食パン

食パン専門店なのでパンは食パンのみの扱いですが、店頭には男鹿の塩を使ったクッキーも置いていました。試食で頂いたけど、軽い食感で塩の余韻がいい感じに残って美味しかったので、今度行った時にまたあったら買ってみたいです。

扱っている食パンは最近話題の、いわゆる「生食パン」です。 パンを焼き上げる窯は富士山溶岩窯 なので、 水分量が普通のオーブンに比べて多く、パンの美味しさにつながっているようです。(※パンフレットの説明より引用)

価格は1斤(¥380税込・2019年6月時点)。すべてカットなしの販売。

1斤はスーパーで売ってる食パンと同じサイズ。2斤単位の販売は大きさに躊躇するけど、1斤単位なら書いやすい大きさで助かります。

お値段だけみると食パンにしてはちょっと高めではあるけど、このしっとり&ぷるぷる&モチモチ食感を味わえることと、他店の生食パン専門店も結構なお値段することを思えば、むしろ安いのではないかと思えてくる不思議・・・。

予約して買いに行ったら、たった今焼き上がりの状態で・・ということで、紙袋に入れて渡してもらいました。冷めて湯気がとれたら一緒にいれてある保存袋に入れてほしいとのことでした。紙袋のまま置いておくとパンが固くなってしまうそう。

紙袋に入った焼き立て熱々の食パンの香りは最高です。ほんのり甘く香ばしい香り。幸せ・・。

せっかく焼きたてを受け取ったので、割いて何もつけずにそのまま食べてみます。この瞬間が生食パンを味わう醍醐味・・。

耳はしっかりしているんですが、中の白い部分はしっとり具合がすごいですね。この柔らかさはまさしく生食パン。ほんのり甘くミルキーな風味は、おやつパンみたいな雰囲気がありますね。

味がしっかりしているし、全くパサつくこともないから、本当にこの食パンだけで食べていられます。

美味しいからといって調子こいてパクパクとパンだけ食べすぎるのも難なので、一応食事としてサラダや玉子なんかも一緒に食べました。食パンは白い部分が主役みたいな感覚があるけど、おいしい食パンは「耳」をもっと食べたくなるんですよ。まさに、そんな感じの食パンです。

買ったその日はは焼かずにそのまま食べました。

2日目以降はこんな具合

次の日以降は4~5枚切りくらいの厚さにカットして、軽くトーストして食べました。

2日目は常温で保存したものをトーストして。3日目は冷凍したものをそのままトースト。

冷めるとパンがしっかりと固まって、切りやすくなります。食感はさすがに焼きたてのプルプル感みたいなのはないですが、トーストすると別の良さがでてきます。甘みは抑えられて、食べごたえが出てくるというか。

ふんわり感が好きならトーストするよりレンチンの方がむいてるのかも。

私は生食パンは食事として食べるなら、トーストして軽い食感で食べるほうが好みですね。

他のお店と比べてみて

他店の生食パンもいくつか食べているんですが、こちらの食パンは甘みがしっかりしています。雰囲気はマックスバリュ広面で買ったあめこうじを使った生食パンに近いのかなあ・・?それよりももっとしっとり感が強いですね。 パンの密度が高いと感じました。

でも1日置いてみたり、トーストすることでまた雰囲気が変わってくるのが生食パンなので、お好みでいろいろ試してみるのも楽しいかと思います。

Pan wa Panの食パンはモッチリ感と甘さが引き立っている食パン。そのまま食べるのもいいんですが、個人的には塩っけのある具材と合わせてトーストしてみるとよく合うんじゃないかなーと踏んでいるんですけど、追々チャレンジしてみたいです。

タイトルとURLをコピーしました