新型コロナウイルス感染拡大防止の対策のため、営業時間や定休日が通常と異なる場合が多くなっています。来店の際は各店舗へ事前に十分なご確認をお願いします。

マックスバリュ広面店「あめこうじ使用」の生食パン

パン
ちゅんきち
ちゅんきち

2019年5月時点の内容です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マックスバリュ広面店内「パン工場」のお店情報

マックスバリュ広面店「パン工場」
場所秋田県秋田市広面字堤敷19
マックスバリュ 広面店-Google Map
営業時間24時間
定休日
駐車場あり。他店舗と共同で使う大きめの駐車場。
参考URL

食べログ

公式

マックスバリュ 広面店 | マックスバリュ東北株式会社

秋田市広面にあるマックスバリュは、なんと驚きの24時間営業です。店舗自体は古めですが、扱っている品数が多く、またお惣菜なども充実したスーパーです。パン屋はさすがに24時間やっているわけではないと思いますけど・・、日中に広面のマックスバリュにきたらパン屋ものぞいてみてください。

レビュー

イオン系の「パン工場」というパン屋について

秋田市内にもイオン系列のお店は多いですが、代表的なのはイオンスタイルとマックスバリュです。どちらにもパン屋が入っていて「パン工場」という名前がついていますが、店舗によって少し違いがあったりします。

普通のホテルブレッドなどはどこも置いていてくれるんですが、生食パンなどは一部店舗でしか見かけない気がします。もしかしたら焼き上がりのタイミングなどもあるかもしれないので、なんともいえませんが・・、確実に置いている店舗については、書いていけるといいかなあと。

「魅惑の生食パン」に使われている「あめこうじ」ついて

最近では色んな場所で「生食パン」をちらほら見かけるようになりました。その中でマックスバリュ広面店には、秋田県産ブランドの米麹「あめこうじ」を使用して作られた「魅惑の生食パン」があります。

参考 あめこうじ – マックスバリュ東北-PDF

「あめこうじ」は、米麹(こめこうじ)の中でも「甘みが強く、白くて、香りがいい」というのが特徴。一番わかりやすいのは甘酒にした時らしいので、もし「あめこうじ使用」の甘酒をみつけたら買ってみたいと思ってます。

・・・しかしその道に携わっていないと、その麹がどれだけすごいのか文章を見ただけで理解するのはなかなか難しいのですが、この甘くて白い麹を作るというのはかなり技術的にも難しく、県外でも高く評価されていていろんな食品に使われているようです。私もよくわからなくて調べていたんですが、詳しい話は下記のページがわかりやすかったので、気になる方はみてみてください。

日本有数の米どころである秋田には、米麹を利用した伝統的な発酵食品が数多く存在します。そんな同県が、4年の開発期間を経て2014年に「あめこうじ」というオリジナル麹の開発に成功。甘酒をはじめ、どぶろくやスイーツ、はたまた美容マスクに至るまでのさまざまな商品に使われ、現在は県外にも流通しているそうです。

引用元:秋田生まれのオリジナル麹「あめこうじ」はなぜできた?|Webマガジン「発酵美食」|マルコメ

甘さ際立つしっとり食パン

そんな「あめこうじ」を使った生食パンとは、どんな味わいなのか。
もしかしたらお店の人に言えばカットしてもらえたのかもしれないのに、2斤まるごと買ってしまいました。生食パンてカット無しで買うイメージだったので・・。

ちなみに1斤だと367円(税込み)の模様。

お店へ行ったのは5月上旬だったのですが、ちょうど焼き上がりのタイミングだったのかたくさん並んでました。

案の定、自宅でカットするのはなかなか気を使いました。パンだけどなんかずっしり重量感あるし。それに2斤は大きくていつものカッティングボードじゃ収まりきらないという・・。

普通の食パンもそうなんですが、食パンには繊維みたいな流れがあります。パンを割いてみると裂けやすい方向があるじゃないですか。バターやマーガリンを塗る時に塗りやすい方向っていうか。その方向に逆らわないでカットできるときれいに切れるんですよね。

生食パンは普通の食パンよりも水分量が多く、とにかくぷるぷると柔らかいから、刃を入れる方向を間違うと断面がボロボロになりやすいです。

でも最初のカットで気がついて向きを変えればまだセーフ。できるだけ断面をきれいにカットしたい時は、包丁をお湯で温めながら切るとまちがいありません。

やはり最初は焼かずにそのまま食べるのが生食パンの醍醐味です。本当はカットしないで大きい状態から手で割いて食べるのが一番美味しいんですよ。

魅惑の生食パンは、ほんのりとした甘みとしっとりもっちりとした食感。耳まで柔らかく、むしろ耳が美味しい。モサモサと口の中の水分を奪うようなことはありません。焼いて食べると不思議と軽い口当たりに変わります。焼いたほうが更に甘さが抑えられる感じ。

やはり買ってきたその日が一番香りが立っていて美味しいですが、パンがしっかり冷めた状態で保存袋へ入れ、常温で2日くらいけます。しかし高温で湿度の多い時期は置き場所の環境次第ですぐカビが生えますので・・買った当日はそのまま食べて、それ以降はカットしてすぐに冷凍保存しましょう。

2斤も買ってどうすんのと家族に言われましたが、意外と飽きずに食べられるんですよね。

耳まで柔らかい食パンていうのは、サンドイッチにしても耳が気にならないからそのまま使いやすいです。パンがほんのり甘いからフルーツサンドもよく合いますよ。特に玉子サンドやきゅうりサンドなんかは、手頃な価格で作れるサンドイッチの代表格。

生食パンはやや高級なイメージはありますが、ちょっと美味しいサンドイッチをレパートリーに取り入れたいならオススメ。使うパンの質が変われば、お店の味にかなり近づきます。

でも、食パンは見た目とは裏腹に意外とカロリーも高いので一気に食べ過ぎるのは注意ですけどね・・。

ちゅんきち
ちゅんきち

4枚切り1枚と白いご飯を中茶碗1杯で同じくらいのカロリーだよ

この「あめこうじ使用の生食パン」は秋田市内では、広面店のほか、港北店、茨島店でも扱っている模様です。

タイトルとURLをコピーしました