新型コロナウイルス感染拡大防止の対策のため、営業時間や定休日が通常と異なる場合が多くなっています。来店の際は各店舗へ事前に十分なご確認をお願いします。

くら吉の「生あんもろこし」というちょっといい和菓子

お土産
スポンサーリンク
スポンサーリンク

思っているような硬い「もろこし」とは違う

秋田にはお土産の定番商品のひとつとして「もろこし」がありますが、わりと大人なシブいお菓子なので苦手な方もいることは確かです。

口に含むとふんわり溶ける素朴な食感と香ばしい甘さが、お茶やコーヒーともよく合う。歳を重ねた今となってはその素朴さがよくて食べたくなるんですが、私も若い頃は苦手でした。モサッとした感じと単純な甘さが面白みを感じなかったというか。ね。

なので前まではお土産に「もろこし」を受け取っても、そんなにテンション上がらなくて申しわけなかったわけです・・。

でもね、もろこしってどこも一緒というわけでもないんですよ。おいしいところのを食べると、なんか思ってた感じと違うなっていう、これなんだかいいな・・って感じる、それ。

くら吉の「生あんもろこし」も、そういうのを感じたひとつでした。「もろこし」ってついてるからって、名前だけで判断してたらもったいない。

和菓子の上品さ

和菓子屋さんへいくと鮮やかに彩られた上生菓子が楽しめますが、それに近い食感かもしれません。それよりも味も硬さも、もうちょっとしっかりしてるかな。小豆感あるっていうか。ほろっと崩れるっていうか。

ひとつまみ、一口で食べられる可愛らしい大きさ。 4個入りで540円(税込)。 これでこの値段かーって感じる気持ちもわかります。でもね、ちょっといいチョコレートやクッキーだって一粒、一枚が結構なお値段しませんか。それの和菓子版っていう感覚で捉えると、そういう選択肢もありか・・?って気になってきません?

日持ちは常温で2週間ほど。でも食べる時は冷蔵庫でよく冷やして食べたほうが美味しいですよ、という店員さんのお話でした。確かに冷やした方が甘さが更にスッキリ。だんだん口の中でほどけていく感じも楽しめます。

箱入りで個装包みのパッケージなので、プレゼントにも使いやすいです。しかも軽いから持ち帰るにしても助かる大きさ。和菓子が好きな方ならきっと気に入ると思います。

生あんもろこし、美味しいから簡易包装で自宅用な感じで食べられる商品もどこかにあれば嬉しいんですが、柔らかくて崩れやすい商品だから、やっぱり箱入りじゃないと難しいかなあ。

購入場所

実際に「生あんもろこし」を購入した店舗は秋田駅トピコ2Fですが、西武秋田店にも「くら吉」の店舗が入っています。微妙に取扱商品のラインナップが違うので、面倒でなければ両方見比べてみたほうがいいかも。

西武店の方は、店舗から直接配送手続きを行えます。遠方への贈り物でもそのまま送り届けてもらうことができて便利です。

購入場所秋田駅トピコ2F
お店の場所フロアガイド トピコ2階|秋田駅ビル トピコ&アルス
秋田ステーションビル・トピコ-Google Map
製造元くら吉
参考web秋田・角館銘菓もろこし 生あんもろこし くら吉

タイトルとURLをコピーしました