新型コロナウイルス感染拡大防止の対策のため、営業時間や定休日が通常と異なる場合が多くなっています。来店の際は各店舗へ事前に十分なご確認をお願いします。

銀座に志かわの高級食パンで、ほんのり至福のひとときを。

パン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

銀座に志かわ(秋田中央店)のお店情報

銀座に志かわ 秋田中央店
場所秋田県秋田市八橋鯲沼町10番33号
銀座に志かわ Google Map
営業時間10:00~18:00(売り切れ次第終了)
定休日不定休
駐車場あり(モール内共有)
参考URL

食べログ

銀座 に志かわ 秋田中央店 - 秋田/パン [食べログ]

公式

店舗一覧 秋田 – 銀座に志かわ
https://www.ginza-nishikawa.co.jp/
https://www.facebook.com/gnk0362632400/

秋田市新国道沿いのショッピングモール内に「銀座に志かわ」という高級食パン専門店があります。

モールの場所はモスバーガーのあたりで、イエローハット(車用品)、メガ(ドラッグストア)、眼鏡市場、ゆず庵(寿司、しゃぶしゃぶ)、ラックラック(カット専門店)、フルックリー(フルーツジュースやサンドイッチ)などの店舗が並んでいます。

その中のフリックリーの隣に「銀座に志かわ」はあります。

専門店なので2斤の食パンしか売っていないのですが、オープン当初は高級食パンブームということもあって、その日のうちに店頭で買えないこともありました。数ヶ月経った今は少し落ち着いてきたのかなというのを感じますが、確実に購入するなら予約しておくと安心ではあります。

予約は電話でもOKですが、公式WEBサイトからも行えます。

公式 秋田中央店のウェブ予約の申込み | 銀座に志かわ ご予約専用サイト

最初だけ会員登録が必要なのが微妙に面倒だなとは思いましたけど、一回登録してしまえば気軽に注文を入れられるので、リピートするなら毎回電話かけるよりは楽かなと思います。

受け取り日の日付指定もできるので、ホテルや旅館をネットで予約入れる時のような感覚に近いです。

高めな食パンの需要について。

食パンの価格は、2斤で864円。(2021年3月時点)

確かに馴染みのある食パンとはだいぶかけ離れた価格設定なので、初見では買うかどうか怯んでしまうところがあります。

2斤てだいぶ大きいですしね。スーパーなどで買える6枚や8枚切りのカット済み食パンでだいたい1斤サイズですから2袋買い込むみたいな量なります。

好きにカットして冷凍保存もできますが、いづれにせよ1斤サイズにしても400円超えてくる食パンをあまり日常使いしようとはならないような。でもね、こんな考え方もある。

お土産で使うとしたら。

普通に購入すると紙袋に2斤サイズがカット無しでドーンと入っています

手土産なら普通にありですよね。

これくらいの価格で食べ応えもあるし。1000円足らずでこの大きさと重量感。お土産と位置付けるとむしろコスパいいのではと思えてくる不思議。

普通にパン好きな家にはもちろんですが、お子さんのいるお宅でも持って行きやすいですし。常温で持っていけますし。

ちょっと美味しいものが食べたくなった時に。

いわゆる、「プチ贅沢」ってやつです。

一回外食してもこれくらいの価格は普通に使うことはありますし、テイクアウトというか外食と同じ概念ですね。それでもいいお肉やお魚を買う、いいお酒を買う・・飲みに行く・・ということに比べればだいぶ安い気もしますが。

一度に食べ切らずとも冷凍保存も兼ねて少しずつ楽しみを残しておける、といった使い方もできます。そんな高い食パンはしょっちゅう買うようなものではないけれど、個人的にはこういう選択肢があるのは大いに賛成派です。

さすがに食パンは糖質も高めですし、偏った食べ方は注意なところはありますが、カットして冷凍しておけば長く楽しめるのは良いものです。

こういったプチ贅沢品は、いつもの常備品と同じ部類で考えてはいけません。正月や誕生日という記念日。自分、頑張ってるわーという時。身体を労りたくなった時の選択肢としてこじつけるのです。

お惣菜を合わせて美味しいお酒と堪能してみたり、カフェ飯感覚で好きな具材を挟んでみたり。季節のフルーツサンドを家で楽しんでみるのもいいじゃないですか。アイスクリームを乗せるのも最高に美味しいですよ。

公式のInstagramでいろんな提案写真が載っているので、参考にしてもいいですしね。

に志かわの高級食パンを食べた感想

ところで秋田市には他にも生食パンという部類のしっとりもっちり、ほんのり甘めな食パンが買える店が他にもありますが、「銀座に志かわ」の高級食パンもまた繊細な味わいの食パンを楽しむことができます。

購入したての初日は焼かずにそのまま端っこをカットしてつまんでみたわけですが、私が第一印象で感じたのはすごくミルキーな風味。上質なクセの少ない発酵バターのようなふんわりとした香りが口いっぱいに広がりました。

一般的に生食パンは甘みが結構強くて、食事というよりそのままで食べるおやつパンといったイメージが板についているんですけど、銀座に志かわの食パンは甘さが優しいです。

すごく繊細な部分で表現が難しいのですが、例えると砂糖の種類でも甘さの質は違うじゃないですか。上白糖とグラニュー糖では甘さの後味のスッキリ感が違う。
料理でも砂糖を使うよりみりんも使うと上品なコクが出ますけども、そんな風に銀座に志かわの食パンはコクがありつつ後味が軽いのです。

ほんのり微かな甘みがどこからきているのかはわかりませんが、自然な甘さは好きですね。
水分量も多めでしっとり。とても肌理が細かいです。焼き目のついている耳が美味しいという具合。

公式サイトにきんぴらごぼうとよく合う、、と書かれていますが、甘すぎないので確かに和洋問わず万能に使える食パンだと思いました。

バタートーストで

買った当日は焼かずにそのままで食べましたが、2日目はシンプルにお気に入りのバターを塗ったバタートーストでいただきました。

近頃は、美味しそうなバターを見つけてはパンに塗って食べるのがマイブームなのですが、ちょい焼き目がつく程度に高火力でトーストして、焼きたて熱々なところにバターをのせて。ジュワーっと溶け出したところをサクサクッと音を立てながら食べるわけなんですよ。それでもってコーヒーを一口啜るんです。

食パンとバターのミルキーな風味がコーヒーと相まって、心地よい余韻が続いていく・・。

・・・これを至福と言わずになんというのか。

クロックマダムで

数日経ってからは、少し加工を加えて。

クロックムッシュも好きなのですが、せっかくなのでここは豪華に卵つきでクロックマダムに。

耳まで柔らかなしっとり上品食パンならではの、ベシャメルソースと半熟卵が絡む感じ。ハムは多めに使うのが大正解。ナイフとフォークが止まらなくて困りました。

どうせやるならと、調子こいて食パンをやや厚切りにカットして作ったもんだから、ボリュームたっぷりで一皿で大満足な結果となってしまいました。

・・・いいんだよ。こんな日があったって。

そうこうしているうちに、2斤の食パンは数日であっという間になくなってしまったのですが、もっといろんな組み合わせで食べてみたいので、また後で予約入れて買いに行こうと思います。

タイトルとURLをコピーしました